【すぐわかる】英語の5文型|音声付き

黒板に第1文型~第5文型

みなさん、すでにこの英語の5文型は、中学時代に英語の授業で習ったと思います。

全ての英文は、この5文型のいずれかで構成されています。

要するに、英語を話すには、この5つの文型以外の文型はないと言えます。

ということで、この5文型をわかっていないと、英語は、話せないので簡単に噛み砕いてサクッと説明していきます。

第1文型「S(主語) + V(動詞)」
第2文型「S(主語) + V(動詞) + C(補語)」
第3文型「S(主語) + V(動詞) + O(目的語)」
第4文型「S(主語) + V(動詞) + O(目的語) + O(目的語)」
第5文型「S(主語) + V(動詞) + O(目的語) + C(補語)」
主語 S (subject) 文の主人公。日本語で「〜は、〜が」にあたる部分の言葉。

動詞 V
(verb) 動きや状態を表す文の述語。日本語で「〜する、〜である」にあたる部分の言葉。

目的語 O
(object) 日本語で「〜を、〜に」にあたる部分名詞の言葉。

補語 C
(complement) 名詞か形容詞で主語や目的語の説明を補う言葉。

修飾語 M (modifier) 修飾語とは性質や状態などの意味を詳しく説明する言葉(形容詞、副詞、前置詞など)。

※修飾語 Mの文中の位置は「【すぐわかる】英語の品詞(part of speech)一覧|10種類」ページの形容詞副詞前置詞の章をご参照ください。

第1文型「S(主語)+ V(動詞)」

黒板に第1文型
第1文型は全(1~5)文型に含まれている英文の土台となる文型です。

「S(主語)+ V(動詞)」この2つだけで、できた文型です。

第1文型の例文
I did. (やったよ。)
I’ll go. (行きます。)
She already ate. (彼女は、既に食べた。)
※already副詞(もうすでに)

英語の文型のややっこしいところが、修飾語M(modifier) は文型の要素としてカウントされないため下記の様な文型も第1文型となります。

第1文型 + 修飾語M (S + V + M)例文
He stood by the window. (彼はまどのそばに立っていた。)
by the windowが前置詞のかたまりの修飾語Mとなっているのでカウントされない。

Shibuya is in Tokyo. (渋谷は東京の中にあります。)
in Tokyoが前置詞のかたまりの修飾語Mとなっているでカウントされない。

それと、英語のルール上、「There is 〜.」「There are 〜.」(〜がいる。/〜がある。)の構文は第1文型となります。

第1文型(There is 文)例文
There is a dog in front of the door. (ドアの前に犬がいます。)
There are cats around that tree. (あの木の周りに猫が何匹かいます。)
Is there a train station nearby? (近くに駅はありますか?)

※There is 文の詳細は、「【すぐわかる】命令文/There is 文/受動態文/感嘆文」ページのThere is 文ご確認ください。

細かいところは、どうでもいいので、「S(主語)+ V(動詞)」が全文型の土台で、すべての文型は、第1文型から始まるということだけ覚えておきましょう!

第2文型「S(主語)+ V(動詞) +C(補語)」

黒板に第2文型
第1文型にもう1つプラスしてもう少し内容のわかりやすい文にします。

第2文型「S(主語)+ V(動詞) +C(補語)」のC(補語)は、名詞か形容詞で主語や目的語の説明を補う言葉。

第2文型には、目的語がないため、C(補語)は主語の説明を補う言葉ということになります。

ですので、第2文型は、「S(主語) = C(補語)」という意味になります。

第2文型の例文
She is beautiful. (彼女は美しい。)
He is a great doctor. (彼は素晴らしい医者です。)
You got angry. (あなたは怒った。)

第3文型「S(主語)+ V(動詞) + O(目的語)」

黒板に第3文型
第3文型も、第1文型にもう1つプラスして内容のわかりやすい文にします。

O(目的語)の部分の日本語の意味は、「〜を」か「〜に」になります。

be動詞の意味が「=」であるため第3文型の動詞は、必ず一般動詞になります。

第3文型は、「S(主語) + O(目的語)を/に、+ V(動詞)」という意味になります。

第3文型の例文
I love you. (私は、あなたを愛しています。)
She study English. (彼女は、英語を勉強している。)
They play soccer. (彼らは、サッカーをする。)

補足文型1 (文のと文を繋ぐ)

第3文型は、文と文を繋ぐことができます。

下記の様に、2通りの文と文の繋ぎがあるので説明します。

1. O(目的語)の部分→S(主語)

「S(主語)+ V(動詞) + S(主語)+ V(動詞) + O(目的語)」
O(目的語)の部分にS(主語)を置きそこからまたもう一つの文を作る。

O(目的語)の部分→S(主語)の例文
I heard she is a teacher. (私は、彼女は先生だと聞いた。)
The guard told we can enter inside here. (あの警備員が私たちがここの中に入っていいと言った。)

2. O(目的語)の部分→O(目的語)

「S(主語)+ V(動詞) + O(目的語) + to + V(動詞) + O(目的語)」
※第3文型そのままの状態で、O(目的語)の後に「to」を置き主語を置かずに、動詞からもう一つの文を作る(不定詞)。

※不定詞について詳しくは、「【すぐわかる】英語 不定詞」ページをご覧ください。

O(目的語)の部分→O(目的語)例文
I asked my mom to wake me up at 6 am. (私は、母親に朝6時に起こしてくれと頼んだ。)
She told him to quit drinking. (彼女は彼にお酒をやめる様伝えた。)

第4文型「S(主語)+ V(動詞) +O1(目的語) +O2(目的語)」

黒板に第4文型
第1文型にもう2つ情報をプラスして、もっと内容のわかりやすい文にします。

O1(目的語) + O2(目的語)の部分は、「〜に」、「〜を」になります。

第4文型は、「S(主語) + O1(目的語)に、O2(目的語)を、+ V(動詞)」という意味になります。

第4文型の例文
I gave her money. (私は、彼女にお金を与えた。)
She borrowed him a pen. (彼女は、彼にペンを借りた。)
He teach me English. (彼は、私に英語を教える。)

※上記の例文は下記の様に第3文型でも言い表せます。

I gave her money. = I gave money to her. (私は、彼女にお金を与えた。)
She borrowed him a pen. = She borrowed a pen from him.(彼女は、彼にペンを借りた。)
He teach me English. = He teach English to me.(彼は、私に英語を教える。)

第5文型「S(主語)+ V(動詞) +(目的語) +C(補語)」

黒板に第5文型
第5文型も、第1文型にもう2つ情報をプラスして、もっと内容のわかりやすい文にします。

O(目的語) + C(補語)の部分は、O(目的語) = C(補語)の関係になります。

第5文型は、「S(主語) + O(目的語) = C(補語) + V(動詞)」という意味になります。

第5文型の例文
I like sushi the best. (私は、すしが一番好きです。)
I know that book easy. (私は、その本が簡単だと知っている)
He heard her singing in her room. (彼は、彼女が彼女の部屋で歌っているのを聞いた。)
She noticed him a doctor. (彼女は、彼が医者だと気づいた。)

補足文型2 (場所、時間、日付)

場所、時間、日付などは文末に置きます。

基本的なルールとしては、下記の様な順番になります。

「S(主語) + V(動詞) + O1(目的語) + O2(目的語) + 場所 + 時間 + 日付」

まとめ

英語は必ずこれらの5文型の形で話します。(それ以外ありません。口語で主語を省く時などは例外です。)

必ず、この会話の土台となる5文型の形を覚えましょう!

実践でこの5文型をどんどん使って、実践の中からニュアンスで感じましょう!

さあ、次は「Chapter 4【すぐわかる】英語 不規則変化動詞一覧表|発音声付き」を学んで、実践で会話に挑戦してみましょう!!

オンラインイングリッシュ.comでは、「Chapter 1【すぐわかる】英語の発音と発音記号マスター」~「Chapter 9【すぐわかる】英語 不定詞」を基礎英文法としてご紹介しています。

英語をマスターするためには、リスニングやスピーキングの練習が欠かせません。

低予算かつスマホひとつで効果的に授業を受けることのできる「専用レッスン通信ツール」を所有するオンライン英会話で、気軽に英語力をアップを目指してみませんか?

「専用レッスン通信ツール」はスマホでも使いやすく、画面上のボタンをタッチするだけで、テキストや音声、動画、チャットメールなどを活用して授業を進めることができ、また、先生と生徒が同じ画面を見ながら授業を行うので、コミュニケーションもスムーズにできます。

自宅や外出先など、好きな時間・場所で手軽に、英会話の授業が受けられるため、多くの人に利用されています。

各オンライン英会話で無料体験レッスンが用意されているので、自分に合った先生やオンライン英会話を見つけることができます。

各オンライン英会話(専用レッスン通信ツール所有校限定)の無料体験レッスンやサービスに関する詳細は、下のボタンからご確認いただけます。

©ondoku3.com